相続法はどう変わったの? / 西奈良法律事務所

西奈良法律事務所 > 相続 > 相続法はどう変わったの?

相続法はどう変わったの?

2018年(平成30年)、超高齢社会という現代の社会経済に対応するため、相続法が大きく改正されました。

 

主要な改正点としては、次のものがあります。
①配偶者居住権の新設
②婚姻期間20年以上の夫婦間における居住用不動産の贈与等に関する優遇措置
③預貯金の払戻制度の創設
④自筆証書遺言の方式緩和と法務局における保管制度の創設
⑤遺留分制度の見直し
⑥特別寄与制度の創設

 

ここでは、主要な改正点のうちでも特に重要な、①配偶者居住権の新設と③預貯金の払戻制度の創設を中心に取り上げます(なお、④と⑤については、「遺言書の種類と作成方法」、「遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)」で取り上げます)。

 


①について
被相続人の配偶者が、相続の対象となる建物に相続開始時に居住していた場合、その居住建物の所有権を相続しないときでも、「配偶者居住権」を取得すれば、終身又は一定期間、その建物を無償で居住することができるようになります。

具体例を通して考えてみましょう。
相続人が妻と子どもの2人で、遺産が自宅(2000万円)及び預貯金(3000万円)だった場合、相続分は「妻:子ども=1:1(妻:2500万円、子ども:2500万円)」となります。

改正前の制度であれば、配偶者が自宅を相続した場合、配偶者は現金の相続がわずかしか受けられないため、住む場所はあるが生活費が不足するという状況が起こっていました。

今回の改正により、配偶者に配偶者居住権が認められ、終身又は一定期間、自宅での居住を継続しながら、その他の財産も取得できるようになりました。上記の例でいえば、妻が、配偶者居住権(1000万円)と預貯金1500万円を相続し、子どもが負担付きの建物所有権(1000万円)と預貯金1500万円を相続するという分割方法も可能となります。

この配偶者居住権は、遺産分割協議や遺贈、審判などで認められる必要があります。もっとも、仮に配偶者居住権が認められなくても、配偶者は相続開始から遺産分割協議の成立まで短期的な居住権(配偶者短期居住権)が認められるため、一定期間はそのまま暮らすことができます。

この制度は、2020年(令和2年)4月1日に施行されます。

 


②について
婚姻期間が20年以上である夫婦間で居住用不動産(自宅又はその敷地)の遺贈又は贈与があった場合、原則として、遺産分割における配偶者の取り分が増えることとなります。これにより、配偶者はより多くの財産を取得することができ、配偶者の生活を保護します。

この制度は、2019年(令和元年)7月1日に施行されます。

 


③について
被相続人の預貯金が遺産分割の対象となる場合、各相続人は、遺産分割が終わる前でも一定の範囲で預貯金の払い戻しを受けることができるようになります。

改正前の制度だと、遺産分割が終了するまでの間は、相続人単独では預貯金を払い戻すことができませんでした。しかし、そうすると生活費や葬儀費用などは別途用意しなければなくなり、特定の相続人に大きな負担が生じていました。

今回の改正により、家庭裁判所の判断がなくても、一定の範囲内で単独で預貯金を引き出すことができるようになりました。これにより相続人の負担を軽くすることができます。

この制度は、2019年(令和元年)7月1日に施行されます。

 


⑥について
相続人以外の被相続人の親族(特別寄与者)が無償で被相続人の療養看護等を行った場合、相続人に対して金銭を請求できるようになります。

典型例としては、被相続人の息子の妻が被相続人を介護していたような場合です。このような者は被相続人の親族にあたりますが、相続権を有していないため、被相続人が遺言により遺贈をしない限り、相続財産を取得することはできません。

そこで、実質的公平を図って特別寄与者を保護するため、特別寄与者は相続人に対して一定の金銭を請求することができます。

この制度は、2019年(令和元年)7月1日に施行されます。

当事務所が提供する基礎知識

  • 駐車場での当て逃げ事故|...

    スーパーなどの商業施設の駐車場では出会い頭での衝突事故やドアパンチなどの当て逃げ事故が発生することが多くなっています。こ...

  • 死亡事故

    「夫(妻)が交通事故で亡くなってしまったが、どのような手続きをしなければならないか分からない。」「加害者が加入している保...

  • 奈良の相続で弁護士をお探...

    相続は誰しもが経験する可能性のある重要な法律問題です。しかしながら、相続財産によっては非常に額が大きくなり相続人間で紛争...

  • 交通事故により6ヶ月通院...

    交通事故で通院した場合の慰謝料がどれくらいの額になるのかというご質問を多くいただきます。この記事では6ヶ月間通院をした場...

  • 遺留分侵害額請求(遺留分...

    相続人には最低限相続できる割合が認められており、この割合を「遺留分」といいます。 例えば、「宗教法人Xに全財産...

  • 後遺障害等級

    「後遺症が残ると医師に言われたため、後遺障害等級の認定手続きを申請したいが、その方法がよくわからない。」交通事故の被害に...

  • 人身事故の慰謝料相場とは

    慰謝料とは、精神的苦痛に対する賠償金です。人身事故の場合、怪我をしたり死亡したりすると、被害者は精神的苦痛を受けます。そ...

  • 休業損害・休業補償

    「交通事故の被害を受け、入院を余儀なくされてしまった。仕事に行くことができないが、その分の損害はどのように補填されるのだ...

  • 遺産分割協議と協議書の作...

    複数の相続人が遺言書に基づかずに相続財産を分割する場合は、遺産分割協議を開く必要があります。 遺産分割協議自体...

  • 物損事故

    「スーパーマーケットの駐車場に車をとめていたら、何かにぶつけられたような跡ができていた。」「ハンドル操作を誤った車に、家...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

中村弁護士の写真

富雄で生まれ育ち、地域の役に立ちたいという思いから、この地で法律事務所を開業いたしました。
刑事事件・家事事件・民事事件・少年事件等のご相談や法律による解決を図りながら、地元の方々の安心した暮らしに貢献してまいります。

代表弁護士

中村 匡志(なかむら まさし)

所属団体
奈良弁護士会
経歴
  • 1992年 西奈良ルーテル保育園 卒園
  • 1998年 帝塚山小学校 卒業
  • 2001年 大阪星光学院中学校 卒業
  • 2004年 大阪星光学院高校 卒業
  • 2009年 京都大学法学部 卒業
  • 2011年 同志社大学大学院司法研究科 修了
  • 2013年 弁護士登録
  • 2016年 西奈良法律事務所開設
資格
  • 弁護士
  • ファイナンシャルプランナー

事務所概要

名称 西奈良法律事務所
所属 奈良弁護士会
代表者 中村 匡志(なかむら まさし)
所在地 〒631-0078 奈良県奈良市富雄元町2丁目3-29-1 上田ビル501号
電話番号/FAX番号 0742-53-8008 / 0742-53-8070
対応時間 8時~20時(事前予約で時間外も対応可能)
定休日 日・祝日(事前予約で休日も対応可能)

ページトップへ