生前贈与 / 西奈良法律事務所

西奈良法律事務所 > 相続 > 生前贈与

生前贈与

■生前贈与とは?
生前贈与とは、生前に財産を譲り渡すことを指します。
贈与は契約ですから、相手方の承諾がなければ贈与できないという点で相続とは異なります。

 

■生前贈与のメリット
生前贈与をうまく活用することで相続税を節税することが可能です。
また、贈与であれば自分の意思をしっかりと反映させて財産を譲り渡すことが可能です。
相続の場合でも遺言を残しておくことで、被相続人の意思を反映させることは可能ですが、遺言が無効となってしまう可能性もあるため、生前贈与であれば自分の意思をしっかりと反映させて財産を譲り渡すことができます。
また、十分な説明を行った上で生前贈与を行うことで、相続人間での紛争の発生を予防することができます。

 

■生前贈与の注意点
生前贈与を行ったつもりでも、以下のような場合にはむしろ税負担が重くなってしまう可能性がありますから、注意が必要です。


・定期贈与と判断されてしまった場合
毎年基礎控除の範囲内で贈与をしていたとしても、定期贈与と判断されてしまい、贈与税の課税の対象となってしまう可能性があります。


・暦年贈与が有効と判断されなかった場合
子ども名義の銀行口座に贈与していたとしても、子どもの預金口座が名義預金と判断されてしまい、親の預金であるとされ、相続税の対象となってしまう可能性があります。


・死亡直前に生前贈与を行った場合
死亡前の3年以内に生前贈与を行ったとしても、原則として相続財産に加算されてしまいますから、注意が必要です。


・生前贈与が遺留分を侵害している場合
相続人には最低限の相続分として遺留分があります。そのため遺留分を侵害するような多額の生前贈与を行ってしまった場合には、受贈者が他の相続人から遺留分侵害額請求として、金銭の請求をされてしまう可能性があります。

 

このように、生前贈与をうまく活用すれば相続税を節税することが可能ですが、上記のように生前贈与を行ったがためにむしろ損をしてしまうという危険性もあります。そのため生前贈与をお考えの際はぜひ一度弁護士までご相談ください。当事務所には生前贈与に関して詳しい弁護士が在籍しておりますから安心してご相談いただけます。


西奈良法律事務所では、相続に関わるお悩みをはじめとして、B型肝炎問題や離婚問題、交通事故、借金問題などのさまざまな法律トラブルに対し、豊かな経験と実績を元にした、たしかな解決策をご提案させていただきます。
奈良県奈良市、生駒市、大和郡山市、京都府木津川市、精華町をはじめとして、大阪府、京都府、奈良県など関西全域の皆様から、ご相談を広く承っています。

トラブルを早期に解決するためには、お早めのご相談が大切です。
相続にまつわるお悩みをお持ちの方は、お気軽に西奈良法律事務所までご相談ください。

当事務所が提供する基礎知識

  • 遺言書の検認手続き

    遺言者が死亡したときに遺言書を保管していた人や、遺言書を発見した人がまずしなければならないことは、遅滞なく速やかに家庭裁...

  • 相続人が行方不明の場合

    ■相続人が行方不明の場合に生じるトラブル相続手続きにおいては相続間で誰がどれだけどの財産を相続するのかを話し合いで決める...

  • 相続人調査

    相続財産調査と並行して、相続人の調査も行いましょう。 遺産分割協議では、相続放棄をした者等を除き相続する権利を...

  • 損をしない人身事故の示談...

    現代において、自分のせいではなくとも交通事故に巻き込まれ、傷害を負う可能性を誰しも有します。人身事故にあった際に、事故の...

  • 奈良の相続で弁護士をお探...

    相続は誰しもが経験する可能性のある重要な法律問題です。しかしながら、相続財産によっては非常に額が大きくなり相続人間で紛争...

  • B型肝炎給付金制度

    B型肝炎は通常体液や血液を介してB型肝炎ウイルスに感染することで発症する病気です。しかし日本では昭和23年から昭和63年...

  • 交通事故の「休業損害証明...

    ■休業損害証明書とは休業損害証明書とは交通事故が原因で仕事を休まざるを得なかった場合に仕事を休んだことによって生じた損害...

  • 限定承認

    人が死亡した場合、相続が開始します(民法882条)。そして、相続人は、相続を単純承認すると、被相続人の財産に属していた一...

  • 休業損害・休業補償

    「交通事故の被害を受け、入院を余儀なくされてしまった。仕事に行くことができないが、その分の損害はどのように補填されるのだ...

  • 追加給付金の請求

    B型肝炎給付金は病態等によって支給金額が異なっています。例えば死亡や重度の肝硬変といった症状の場合には3600万円の支給...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

中村弁護士の写真

富雄で生まれ育ち、地域の役に立ちたいという思いから、この地で法律事務所を開業いたしました。
刑事事件・家事事件・民事事件・少年事件等のご相談や法律による解決を図りながら、地元の方々の安心した暮らしに貢献してまいります。

代表弁護士

中村 匡志(なかむら まさし)

所属団体
奈良弁護士会
経歴
  • 1992年 西奈良ルーテル保育園 卒園
  • 1998年 帝塚山小学校 卒業
  • 2001年 大阪星光学院中学校 卒業
  • 2004年 大阪星光学院高校 卒業
  • 2009年 京都大学法学部 卒業
  • 2011年 同志社大学大学院司法研究科 修了
  • 2013年 弁護士登録
  • 2016年 西奈良法律事務所開設
資格
  • 弁護士
  • ファイナンシャルプランナー

事務所概要

名称 西奈良法律事務所
所属 奈良弁護士会
代表者 中村 匡志(なかむら まさし)
所在地 〒631-0078 奈良県奈良市富雄元町2丁目3-29-1 上田ビル501号
電話番号/FAX番号 0742-53-8008 / 0742-53-8070
対応時間 8時~20時(事前予約で時間外も対応可能)
定休日 日・祝日(事前予約で休日も対応可能)

ページトップへ