独身の人は誰に相続する?法定相続人の順位や事前にできる対策など / 西奈良法律事務所

西奈良法律事務所 > 相続 > 独身の人は誰に相続する?法定相続人の順位や事前にできる対策など

独身の人は誰に相続する?法定相続人の順位や事前にできる対策など

民法890条の規定によると、被相続人の配偶者は、常に相続人となると規定されています。
しかし当然のことながら、独身のまま亡くなってしまう方もいらっしゃいます。そこで配偶者がいない場合の相続はどうなるのかというご質問をいただくことがあります。
本ホームページでは、被相続人に配偶者がいない場合にどうなるのかについて解説をしてきたいと思います。

 

◆法定相続人の順位と相続割合
被相続人に配偶者がいない場合には、直系尊属や直系卑属、兄弟姉妹に相続権が付与されることとなります。
尊属とは自分よりも先に生まれた親族のことを指し、父母や祖父母などが尊属にあたります。卑属とは尊属の逆であり、自分よりも後に生まれた親族のことを指し、子どもや孫が卑属となります。

 

自分の子ども及びその代襲相続人は第一順位の相続人となります。
もっとも、配偶者のいない被相続人に直系卑属がいる場合とは、相続発生時に既に離婚しており、元配偶者との間に子どもがいたようなケースとなります。
再婚した場合には配偶者は常に相続人となるため、直系卑属の法定相続分は相続財産の2分の1となりますが、独身のまま亡くなってしまった場合には、直系卑属が被相続人の財産を全て相続することになります。

 

直系尊属となる父母や祖父母は第二順位の相続人となります。
直系尊属の法定相続分は、被相続人に配偶者と子がいない場合には全てを相続することとなります。

 

兄弟姉妹は第三順位の相続人となります。
兄弟姉妹の法定相続分は、被相続人に配偶者と子、尊属がいない場合には全てを相続することとなります。

 

そして被相続人に配偶者も子もおらず、直系尊属が複数いる場合には均等に分配となります。同様に、被相続人に配偶者も子も直系尊属もおらず兄弟姉妹が複数いる場合には均等に分配となります。

 

◆相続に関して事前にできる対策
相続人が多くいる場合には、相続財産をどのように配分するかで揉めるケースが多くなっています。
そこで被相続人としては生前に何かしらの対策をした方が良いでしょう。

 

相続財産の配分の中で特に揉めやすいのが不動産です。
土地や建物に関しては、法定相続分に応じて不動産が共有状態になります。

 

しかし不動産が手に入った場合であれば、その一部ではなく全部を使いたいというのが所有者の合理的な意思であり、これが原因で揉めるというケースが非常に多くなっています。

 

そこで、被相続人としては事前に不動産を売却し、現金化しておくことで、分配がしやすいようにしておくことをおすすめいたします。

 

また、相続財産が過大である場合には相続税が多くかかってしまうため、生前贈与などによってあらかじめ財産を渡しておくことによって節税対策につながります。

 

西奈良法律事務所では、奈良県を中心に交通事故や相続などのご相談を取り扱っております。
相続についてお困りの方は、お気軽にご相談にお越しください。

当事務所が提供する基礎知識

  • 遺言書の検認手続き

    遺言者が死亡したときに遺言書を保管していた人や、遺言書を発見した人がまずしなければならないことは、遅滞なく速やかに家庭裁...

  • 遺留分侵害額請求(遺留分...

    相続人には最低限相続できる割合が認められており、この割合を「遺留分」といいます。 例えば、「宗教法人Xに全財産...

  • 示談交渉

    「任意保険の担当者に示談交渉を任せているが、本当に最適な条件なのかどうか分からない。」「示談交渉であまり満足できない示談...

  • 遺産分割協議と協議書の作...

    複数の相続人が遺言書に基づかずに相続財産を分割する場合は、遺産分割協議を開く必要があります。 遺産分割協議自体...

  • 交通事故により6ヶ月通院...

    交通事故で通院した場合の慰謝料がどれくらいの額になるのかというご質問を多くいただきます。この記事では6ヶ月間通院をした場...

  • 限定承認

    人が死亡した場合、相続が開始します(民法882条)。そして、相続人は、相続を単純承認すると、被相続人の財産に属していた一...

  • 交通事故の「休業損害証明...

    ■休業損害証明書とは休業損害証明書とは交通事故が原因で仕事を休まざるを得なかった場合に仕事を休んだことによって生じた損害...

  • 無症候性キャリアとは

    B型肝炎ウイルスに感染した場合数か月程度で症状は発症してくることが一般的です。しかし母子感染や乳幼児期の感染の場合、B型...

  • 相続放棄

    借金などのマイナス財産が多い場合は、「相続放棄」を検討することになります。 相続放棄とは、プラスの財産もマイナ...

  • 交通事故の被害者請求の申...

    被害者請求とは、交通事故の被害者が自ら、加害者の加入している自賠責保険の保険会社に対して、後遺障害申請や保険金を請求する...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

中村弁護士の写真

富雄で生まれ育ち、地域の役に立ちたいという思いから、この地で法律事務所を開業いたしました。
刑事事件・家事事件・民事事件・少年事件等のご相談や法律による解決を図りながら、地元の方々の安心した暮らしに貢献してまいります。

代表弁護士

中村 匡志(なかむら まさし)

所属団体
奈良弁護士会
経歴
  • 1992年 西奈良ルーテル保育園 卒園
  • 1998年 帝塚山小学校 卒業
  • 2001年 大阪星光学院中学校 卒業
  • 2004年 大阪星光学院高校 卒業
  • 2009年 京都大学法学部 卒業
  • 2011年 同志社大学大学院司法研究科 修了
  • 2013年 弁護士登録
  • 2016年 西奈良法律事務所開設
資格
  • 弁護士
  • ファイナンシャルプランナー

事務所概要

名称 西奈良法律事務所
所属 奈良弁護士会
代表者 中村 匡志(なかむら まさし)
所在地 〒631-0078 奈良県奈良市富雄元町2丁目3-29-1 上田ビル501号
電話番号/FAX番号 0742-53-8008 / 0742-53-8070
対応時間 8時~20時(事前予約で時間外も対応可能)
定休日 日・祝日(事前予約で休日も対応可能)

ページトップへ