休業損害・休業補償 / 西奈良法律事務所

西奈良法律事務所 > 記事一覧 > 交通事故 > 休業損害・休業補償

休業損害・休業補償

「交通事故の被害を受け、入院を余儀なくされてしまった。仕事に行くことができないが、その分の損害はどのように補填されるのだろうか。」
「休業損害や休業補償という言葉をよく耳にするが、なにか両者に違いはあるのだろうか。」
交通事故の被害に遭われた方には、仕事に行けないことについての損害賠償についてこうしたお悩みをお持ちの方が数多くいらっしゃいます。
このページでは、交通事故にまつわる数多くのキーワードのなかから、休業損害と休業補償についてスポットライトをあてて、くわしくご説明してまいります。

 

■休業損害とは
休業損害とは、交通事故の被害の一つで、得られてはずの収入のことをさします。
交通事故における損害賠償は、精神的損害と財産的損害の二つにまず大別されます。
精神的損害についての損害賠償は慰謝料のことをさします。
財産的損害についての損害賠償は、さらに積極損害と消極損害に分けられます。
積極損害とは、交通事故の被害を受けたことで支出せざるをえなくなったお金についての損害をさしています。
消極損害とは、交通事故の被害を受けなければ得られていたであろう利益のことをさします。
休業損害は、こうした消極損害に含まれているのです。
休業損害は、自賠責保険では原則として一日あたり5,700円として、休業日数に応じて計算されます。
ただし例外として、一日の収入が5,700円を超えることを証明できる場合には、一日あたり19,000円を上限として計算することが認められています。
ここでいう一日の収入を計算する方法は、被害者の方の雇用形態に合わせて細かく決められています。
一方で、会社員ではない学生や専業主婦であったとしても、休業損害は認められるという特徴があります。

 

■休業補償とは
休業補償とは、休業補償給付の略称であり、労災保険における補償のことをさします。
すなわち、通勤時間を含めた勤務時間中に交通事故に遭った際に受けることができる補償が休業補償なのです。
正確には、通勤時に交通事故にあったというような場合には休業給付を受けることができ、外回りなどの勤務中に交通事故にあったというような場合には休業補償給付を受けることができるとされていますが、これらの言葉に実質的な差異はありません。
休業給付も休業補償給付も、交通事故により休業して4日目から受け取ることができるという点には注意が必要です。

 

西奈良法律事務所では、交通事故に関わるお悩みをはじめとして、B型肝炎問題や離婚問題、相続問題、借金問題などのさまざまな法律トラブルに対し、豊かな経験と実績を元にした、たしかな解決策をご提案させていただきます。
西奈良法律事務所は、奈良県奈良市、生駒市、大和郡山市、京都府木津川市、精華町をはじめとして、大阪府、京都府、奈良県など関西全域の皆様から、ご相談を広く承っています。トラブルを早期に解決するためには、お早めのご相談が大切です。
「休業損害証明書に書き方はあるのか。」など、交通事故にまつわるお悩みをお持ちの方は、お気軽に西奈良法律事務所までご相談ください。

当事務所が提供する基礎知識

  • 無症候性キャリアとは

    B型肝炎ウイルスに感染した場合数か月程度で症状は発症してくることが一般的です。しかし母子感染や乳幼児期の感染の場合、B型...

  • 死亡事故

    「夫(妻)が交通事故で亡くなってしまったが、どのような手続きをしなければならないか分からない。」「加害者が加入している保...

  • 相続法はどう変わったの?

    2018年(平成30年)、超高齢社会という現代の社会経済に対応するため、相続法が大きく改正されました。 主要な...

  • 成年後見制度

    成年後見制度とは、意思能力の不十分な者を保護する制度の一つです。特に「精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く状況にあ...

  • 相続人調査

    相続財産調査と並行して、相続人の調査も行いましょう。 遺産分割協議では、相続放棄をした者等を除き相続する権利を...

  • 追加給付金の請求

    B型肝炎給付金は病態等によって支給金額が異なっています。例えば死亡や重度の肝硬変といった症状の場合には3600万円の支給...

  • 限定承認

    人が死亡した場合、相続が開始します(民法882条)。そして、相続人は、相続を単純承認すると、被相続人の財産に属していた一...

  • 遺産分割協議と協議書の作...

    複数の相続人が遺言書に基づかずに相続財産を分割する場合は、遺産分割協議を開く必要があります。 遺産分割協議自体...

  • 法定相続人の範囲

    民法では被相続人との家族関係によって相続人を定められています。この相続人のことを法定相続人といいます。法定相続人は民法に...

  • 奈良の相続で弁護士をお探...

    相続は誰しもが経験する可能性のある重要な法律問題です。しかしながら、相続財産によっては非常に額が大きくなり相続人間で紛争...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

中村弁護士の写真

富雄で生まれ育ち、地域の役に立ちたいという思いから、この地で法律事務所を開業いたしました。
刑事事件・家事事件・民事事件・少年事件等のご相談や法律による解決を図りながら、地元の方々の安心した暮らしに貢献してまいります。

代表弁護士

中村 匡志(なかむら まさし)

所属団体
奈良弁護士会
経歴
  • 1992年 西奈良ルーテル保育園 卒園
  • 1998年 帝塚山小学校 卒業
  • 2001年 大阪星光学院中学校 卒業
  • 2004年 大阪星光学院高校 卒業
  • 2009年 京都大学法学部 卒業
  • 2011年 同志社大学大学院司法研究科 修了
  • 2013年 弁護士登録
  • 2016年 西奈良法律事務所開設
資格
  • 弁護士
  • ファイナンシャルプランナー

事務所概要

名称 西奈良法律事務所
所属 奈良弁護士会
代表者 中村 匡志(なかむら まさし)
所在地 〒631-0078 奈良県奈良市富雄元町2丁目3-29-1 上田ビル501号
電話番号/FAX番号 0742-53-8008 / 0742-53-8070
対応時間 8時~20時(事前予約で時間外も対応可能)
定休日 日・祝日(事前予約で休日も対応可能)

ページトップへ