物損事故 / 西奈良法律事務所

西奈良法律事務所 > 交通事故 > 物損事故

物損事故

「スーパーマーケットの駐車場に車をとめていたら、何かにぶつけられたような跡ができていた。」
「ハンドル操作を誤った車に、家の塀を壊されてしまった。」
物損事故は、交通事故としてのイメージはあまりないかもしれませんが、交通事故の種類の1つで、とても身近な事故です。
このページでは、交通事故に関わる問題のなかでも、物損事故にスポットをあてて、くわしくご説明してまいります。

 

■物損事故の定義
物損事故とは、怪我をする人がいなかった交通事故のことをさします。
冒頭に挙げたような交通事故のほかにも、電柱やガードレールに自動車が衝突したような事故や、乗車している人に怪我がない程度の軽微な接触事故などは、物損事故として処理されることがあります。

 

■物損事故の特徴
物損事故は、その特徴として、自賠法が適用されないということが挙げられます。
自賠法とは、自動車損害賠償保障法のことをさす略称です。
自賠法には、その第1条で、「この法律は、自動車の運行によつて人の生命又は身体が害された場合における損害賠償を保障する制度を確立することにより、被害者の保護を図り、あわせて自動車運送の健全な発達に資することを目的とする。」として、その目的が定められています。
すなわち、自賠法は、人身事故死亡事故の場合に適用される法律なのです。

 

■物損事故に適用されない自賠法の特徴
自賠法には、2つの大きな特徴があります。
1つ目は、運行供用者責任とよばれるものです。
運行供用者責任とは、交通事故を起こした際に自動車を運転していた加害者本人だけではなく、その自動車を普段実質的に支配している人にも責任があるとする考え方です。この考え方により、被害者としては、損害賠償を請求できる対象となる人がより多くなるため、被害者の救済が図られやすくなることになります。
2つ目は、中間責任中間責任(削除)(以下シートにおける中間責任は全て中間責任に置き換え)と呼ばれるものです。
中間責任とは、加害者側が、自らに故意や過失がなかったことを立証しなければ、故意や過失があったものとする、という考え方です。
一般的な損害賠償請求においては、被害者側が、加害者に故意又は過失があったということを立証しなければなりません。
すなわち、中間責任は、一般的な考え方とは真逆の考え方なのです。
上記2つの特徴は、自賠法第3条に以下のように定められています。
自賠法第3条「自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によつて他人の生命又は身体を害したときは、これによつて生じた損害を賠償する責に任ずる。ただし、自己及び運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかつたこと、被害者又は運転者以外の第三者に故意又は過失があつたこと並びに自動車に構造上の欠陥又は機能の障害がなかつたことを証明したときは、この限りでない。」
上記2つの自賠法の特徴が物損事故には適用されないため、被害者側は不利なのです。

 

西奈良法律事務所では、交通事故に関わるお悩みをはじめとして、B型肝炎問題や離婚問題、相続問題、借金問題などのさまざまな法律トラブルに対し、豊かな経験と実績を元にした、たしかな解決策をご提案させていただきます。
西奈良法律事務所は、奈良県奈良市、生駒市、大和郡山市、京都府木津川市、精華町をはじめとして、大阪府、京都府、奈良県など関西全域の皆様から、ご相談を広く承っています。トラブルを早期に解決するためには、お早めのご相談が大切です。
交通事故にまつわるお悩みをお持ちの方は、お気軽に西奈良法律事務所までご相談ください。

当事務所が提供する基礎知識

  • 相続法はどう変わったの?

    2018年(平成30年)、超高齢社会という現代の社会経済に対応するため、相続法が大きく改正されました。 主要な...

  • 死亡事故

    「夫(妻)が交通事故で亡くなってしまったが、どのような手続きをしなければならないか分からない。」「加害者が加入している保...

  • 遺産分割協議と協議書の作...

    複数の相続人が遺言書に基づかずに相続財産を分割する場合は、遺産分割協議を開く必要があります。 遺産分割協議自体...

  • 相続財産の調査

    相続手続きを進めていく上で、相続財産の調査は不可欠です。 相続の対象となる財産には、土地や建物、預貯金、自動車...

  • 相続人調査

    相続財産調査と並行して、相続人の調査も行いましょう。 遺産分割協議では、相続放棄をした者等を除き相続する権利を...

  • 過失割合

    「示談交渉で過失割合について相手方から提示されたが、納得いかない。過失割合の変更はできないのか。」「提示された過失割合が...

  • 示談交渉

    「任意保険の担当者に示談交渉を任せているが、本当に最適な条件なのかどうか分からない。」「示談交渉であまり満足できない示談...

  • 相続放棄

    借金などのマイナス財産が多い場合は、「相続放棄」を検討することになります。 相続放棄とは、プラスの財産もマイナ...

  • 人身事故

    日本では現在、約1分に1件のスピードで交通事故が発生しているといわれています。交通事故は、非常に身近な危険なのです。「交...

  • 人身事故の慰謝料相場とは

    慰謝料とは、精神的苦痛に対する賠償金です。人身事故の場合、怪我をしたり死亡したりすると、被害者は精神的苦痛を受けます。そ...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

中村弁護士の写真

富雄で生まれ育ち、地域の役に立ちたいという思いから、この地で法律事務所を開業いたしました。
刑事事件・家事事件・民事事件・少年事件等のご相談や法律による解決を図りながら、地元の方々の安心した暮らしに貢献してまいります。

代表弁護士

中村 匡志(なかむら まさし)

所属団体
奈良弁護士会
経歴
  • 1992年 西奈良ルーテル保育園 卒園
  • 1998年 帝塚山小学校 卒業
  • 2001年 大阪星光学院中学校 卒業
  • 2004年 大阪星光学院高校 卒業
  • 2009年 京都大学法学部 卒業
  • 2011年 同志社大学大学院司法研究科 修了
  • 2013年 弁護士登録
  • 2016年 西奈良法律事務所開設
資格
  • 弁護士
  • ファイナンシャルプランナー

事務所概要

名称 西奈良法律事務所
所属 奈良弁護士会
代表者 中村 匡志(なかむら まさし)
所在地 〒631-0078 奈良県奈良市富雄元町2丁目3-29-1 上田ビル501号
電話番号/FAX番号 0742-53-8008 / 0742-53-8070
対応時間 8時~20時(事前予約で時間外も対応可能)
定休日 日・祝日(事前予約で休日も対応可能)

ページトップへ