物損事故から人身事故へ切り替えるには / 西奈良法律事務所

西奈良法律事務所 > 交通事故 > 物損事故から人身事故へ切り替えるには

物損事故から人身事故へ切り替えるには

人身事故物損事故の違い
物損事故とは、車にキズが付いたなど、交通事故で物に関する損害が発生した場合を指します。
一方で人身事故とは、交通事故で人が死亡、もしくは傷害を負った場合を指します。

 

物損事故から人身事故に切り替えた方が良いケース
交通事故直後には痛みなどがなく物損事故として届け出た場合でも、むち打ち症等で後から痛みが出てくることは珍しくありません。
しかし、物損事故として届け出た場合には、自賠責保険や任意保険から治療費や慰謝料を支払ってもらえない可能性があります。
そのため、事故後、体の痛みを感じるようになった場合には人身事故に切り替えた方が良いでしょう。

 

人身事故に切り替える方法
まずは、病院で診察を受けて診断書を作成してもらいましょう。
診断書を作成してもらったら、担当の警察署に対して人身事故に切り替えたいと連絡をしたうえで、警察署において診断書、その他提出の指示があった書類を提出する必要があります。

 

人身事故に切り替える届出期間はあるのか?
人身事故に切り替える届出期間制限はありません。
ただし、警察から届出期間に関して指示がある場合がありますので、そのような場合には警察の指示に従って期間内に連絡する必要があるでしょう。
また、事故から時間が経ってしまうと、当事者の記憶が薄れてしまったり、怪我と交通事故との因果関係を判断するのが難しくなってしまったりとすることから、切り替えができなくなってしまう恐れがあります。
そのため、交通事故後に痛みを感じた場合には出来る限り早く人身事故への切り替えの届出をするようにしましょう。


このように、交通事故直後は怪我をしていないと思っていてもあとから痛みが生じてくる場合は珍しくありません。そのため、交通事故後に体の痛みを感じるような場合はすみやかに人身事故への切り替えをすることをお勧めいたします。人身事故への切り替えについて何か分からないことがございましたらお気軽に当事務所までご相談ください。当事務所では交通事故に関して経験豊富な弁護士が在籍しておりますから安心してご相談いただけます。


西奈良法律事務所では、交通事故に関わるお悩みをはじめとして、B型肝炎問題や離婚問題、相続問題、借金問題などのさまざまな法律トラブルに対し、豊かな経験と実績を元にした、たしかな解決策をご提案させていただきます。
奈良県奈良市、生駒市、大和郡山市、京都府木津川市、精華町をはじめとして、大阪府、京都府、奈良県など関西全域の皆様から、ご相談を広く承っています。

トラブルを早期に解決するためには、お早めのご相談が大切です。
交通事故にまつわるお悩みをお持ちの方は、お気軽に西奈良法律事務所までご相談ください。

当事務所が提供する基礎知識

  • 慰謝料・損害賠償

    日本では、平均すると約1分に1件のスピードで交通事故が起きているといわれています。「交通事故の被害にあったが、いくらくら...

  • 過失割合

    「示談交渉で過失割合について相手方から提示されたが、納得いかない。過失割合の変更はできないのか。」「提示された過失割合が...

  • 人身事故

    日本では現在、約1分に1件のスピードで交通事故が発生しているといわれています。交通事故は、非常に身近な危険なのです。「交...

  • 給付金請求の流れ

    B型肝炎の給付金を受け取るには国に対して訴訟の手続きを踏む必要があります。主な流れは以下の通りです。 1.証拠...

  • 休業損害・休業補償

    「交通事故の被害を受け、入院を余儀なくされてしまった。仕事に行くことができないが、その分の損害はどのように補填されるのだ...

  • 物損事故

    「スーパーマーケットの駐車場に車をとめていたら、何かにぶつけられたような跡ができていた。」「ハンドル操作を誤った車に、家...

  • 生前贈与

    ■生前贈与とは?生前贈与とは、生前に財産を譲り渡すことを指します。贈与は契約ですから、相手方の承諾がなければ贈与できない...

  • 損をしない人身事故の示談...

    現代において、自分のせいではなくとも交通事故に巻き込まれ、傷害を負う可能性を誰しも有します。人身事故にあった際に、事故の...

  • 相続法はどう変わったの?

    2018年(平成30年)、超高齢社会という現代の社会経済に対応するため、相続法が大きく改正されました。 主要な...

  • 法定相続人の範囲

    民法では被相続人との家族関係によって相続人を定められています。この相続人のことを法定相続人といいます。法定相続人は民法に...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

中村弁護士の写真

富雄で生まれ育ち、地域の役に立ちたいという思いから、この地で法律事務所を開業いたしました。
刑事事件・家事事件・民事事件・少年事件等のご相談や法律による解決を図りながら、地元の方々の安心した暮らしに貢献してまいります。

代表弁護士

中村 匡志(なかむら まさし)

所属団体
奈良弁護士会
経歴
  • 1992年 西奈良ルーテル保育園 卒園
  • 1998年 帝塚山小学校 卒業
  • 2001年 大阪星光学院中学校 卒業
  • 2004年 大阪星光学院高校 卒業
  • 2009年 京都大学法学部 卒業
  • 2011年 同志社大学大学院司法研究科 修了
  • 2013年 弁護士登録
  • 2016年 西奈良法律事務所開設
資格
  • 弁護士
  • ファイナンシャルプランナー

事務所概要

名称 西奈良法律事務所
所属 奈良弁護士会
代表者 中村 匡志(なかむら まさし)
所在地 〒631-0078 奈良県奈良市富雄元町2丁目3-29-1 上田ビル501号
電話番号/FAX番号 0742-53-8008 / 0742-53-8070
対応時間 8時~20時(事前予約で時間外も対応可能)
定休日 日・祝日(事前予約で休日も対応可能)

ページトップへ