遺言書 効力 期間 / 西奈良法律事務所

西奈良法律事務所 > 相続に関するキーワード > 遺言書 効力 期間

遺言書 効力 期間

  • 遺言書の効力|有効期間や無効になるケースなど

    遺言書は、被相続人の意思を相続に反映させるために重要なものです。しかし、遺言書は正しく作成しないとその効力を発揮できません。今回は、遺言書効力と有効期間や無効になるケースなどについて解説します。 ◾️遺言書効力遺言書効力をもつためには民法の規定に従わなくてはなりません。遺言書にはいくつか種類がありますが、不...

  • 相続放棄

    この3ヵ月の期間を「熟慮期間」といい、この期間内に相続放棄等を行わなければ、マイナス財産も含めて全ての相続財産を引き継ぐ(「単純承認」といいます)ことになります。熟慮期間は延長することもできますが、財産調査に時間がかかっているなどの正当な理由がなければならないため、安易に延長できると考えるのは危険といえます。 

  • 相続法はどう変わったの?

    ②婚姻期間20年以上の夫婦間における居住用不動産の贈与等に関する優遇措置③預貯金の払戻制度の創設④自筆証書遺言の方式緩和と法務局における保管制度の創設⑤遺留分制度の見直し⑥特別寄与制度の創設 ここでは、主要な改正点のうちでも特に重要な、①配偶者居住権の新設と③預貯金の払戻制度の創設を中心に取り上げます(なお、④と...

  • 遺言書の検認手続き

    遺言者が死亡したときに遺言書を保管していた人や、遺言書を発見した人がまずしなければならないことは、遅滞なく速やかに家庭裁判所に遺言書を提出し検認請求をしなければならないことです(民法1004条1項)。遺言書には、相続人間の遺産相続分その他相続に関する重要事項が記されています。 遺言書はいわば、相続人とその周りの人...

  • 法定相続人の範囲

    被相続人が遺言書を残さなかった場合は法定相続分に則り遺産相続がなされます。法定相続人であるからといって相続を放棄できないことはありません。法定相続人であっても相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月の期間の間に相続放棄をすることができます(民法915条1項本文)。 誰が法定相続人であるか、そして法定相続人間の...

  • 死亡事故

    死亡事故を起こした加害者には、欠格期間が定められ、運転免許を再度取得するまでに期間を置かなければならないとされます。民事上の責任とは、いわゆる損害賠償のことをさします。死亡事故では被害者が亡くなられているため、損害賠償額も高額なものとなります。■死亡事故の損害賠償死亡事故における損害賠償は、いくつか特徴があります...

  • 給付金請求の流れ

    「B型肝炎給付金は訴訟からどの程度の期間で受け取ることができるのだろうか」「B型肝炎給付金請求を行いたいが手続きが複雑なため代理をしてほしい」といったご相談は当事務所までお気軽にご連絡ください。B型肝炎問題に関するプロフェッショナルが皆様の問題解決をご支援させていただきます。

  • 遺産相続を弁護士に依頼するメリット

    相続トラブル対策として有効なのは、遺言書の作成です。しかし、自筆証書遺言(自分で作成する遺言書)の場合、法律で定められている方式に沿って作成しなければ、遺言書は無効となってしまいます。法律で定められている方式には様々なものがありますが、弁護士に依頼することによって、遺言書のリーガルチェックを受けることができます。...

  • 遺言書の種類と作成方法

    ここでは、遺言書の種類と作成方法について解説していきます。 遺言書の種類には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3つがありますが、一般的に用いられるのは、自筆証書遺言と公正証書遺言です。そのため、遺言書の作成方法はこの2つについて解説します。 ●自筆証書遺言自筆証書遺言とは、遺言者(遺言書を作成する人)が...

  • 相続財産の調査

    当事務所は、経験豊富な弁護士が遺言書の作成や相続財産・相続人調査、遺産分割協議、相続調停・裁判、相続対策など相続に関するご相談や法律による解決を承っております。土曜日・早朝・夜間受付にも対応していますので、お悩みの際は西奈良法律事務所までお気軽にご相談下さい。

  • 相続人調査

    当事務所は、経験豊富な弁護士が遺言書の作成や相続財産・相続人調査、遺産分割協議、相続調停・裁判、相続対策など相続に関するご相談や法律による解決を承っております。土曜日・早朝・夜間受付にも対応していますので、お悩みの際は西奈良法律事務所までお気軽にご相談下さい。

  • 遺産分割協議と協議書の作成

    複数の相続人が遺言書に基づかずに相続財産を分割する場合は、遺産分割協議を開く必要があります。 遺産分割協議自体には期限が定められていませんが、相続税の申告の際に協議に基づいた遺産分割協議書の提出が必要になるため、課税対象となる場合は相続税の申告期限(相続開始を知った日の翌日から10ヵ月)に間に合うように進めましょ...

  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)

    当事務所は、経験豊富な弁護士が遺言書の作成や相続財産・相続人調査、遺産分割協議、相続調停・裁判、相続対策など相続に関するご相談や法律による解決を承っております。土曜日・早朝・夜間受付にも対応していますので、お悩みの際は西奈良法律事務所までお気軽にご相談下さい。

  • 交通事故の「休業損害証明書」の書き方

    さらに休業期間の給与などについても記載が必要です。最後に、証明書の作成年月日、住所、氏名、代表者氏名や担当者氏名等を記入した上で、法人の印鑑を押印する必要があります。また、事故前年度の源泉徴収票等を用意し、同封する必要があります。 交通事故等に関して何かお悩みのことがございましたら、お気軽に当事務所までご相談くだ...

  • 物損事故から人身事故へ切り替えるには

    ■人身事故に切り替える届出期間はあるのか?人身事故に切り替える届出期間制限はありません。ただし、警察から届出期間に関して指示がある場合がありますので、そのような場合には警察の指示に従って期間内に連絡する必要があるでしょう。また、事故から時間が経ってしまうと、当事者の記憶が薄れてしまったり、怪我と交通事故との因果関...

  • 交通事故により6ヶ月通院した場合の慰謝料の相場はいくら?

    弁護士基準の場合は、通院期間により慰謝料が変動し、1日単価も通院期間によって変動します。また、重症か軽症かによっても変わってきます。 通院日数が多ければ多いほど慰謝料が増額されると勘違いされている方がたまにいらっしゃいますが、実は全く関係ありません。 骨折や脱臼のような怪我で6ヶ月間の通院となった場合、自賠責基準...

  • 交通事故の過失割合は誰が決める?納得できない場合は?

    合意された調停案は、判決と同等の効力を有することがメリットですが、デメリットとして、合意が必要な点と費用がかかる点が挙げられます。 ⒊裁判三つ目の方法は、訴訟を提起することです。裁判所が当事者双方から事故の際の状況などを聴取することは調停と同様です。裁判を開くことのメリットは、過失割合を決めるにあたって、当事者の...

当事務所が提供する基礎知識

  • 休業損害・休業補償

    「交通事故の被害を受け、入院を余儀なくされてしまった。仕事に行くことができないが、その分の損害はどのように補填されるのだ...

  • 損をしない人身事故の示談...

    現代において、自分のせいではなくとも交通事故に巻き込まれ、傷害を負う可能性を誰しも有します。人身事故にあった際に、事故の...

  • 追加給付金の請求

    B型肝炎給付金は病態等によって支給金額が異なっています。例えば死亡や重度の肝硬変といった症状の場合には3600万円の支給...

  • 給付金請求の流れ

    B型肝炎の給付金を受け取るには国に対して訴訟の手続きを踏む必要があります。主な流れは以下の通りです。 1.証拠...

  • B型肝炎ウイルスとは

    B型肝炎ウイルスは略称ではHBVとも呼ばれるB型肝炎を引き起こすウイルスです。B型肝炎ウイルスは主に体液や血液を介して感...

  • 交通事故により6ヶ月通院...

    交通事故で通院した場合の慰謝料がどれくらいの額になるのかというご質問を多くいただきます。この記事では6ヶ月間通院をした場...

  • 奈良の交通事故に強い弁護...

    交通事故に遭ってしまった場合相手方に対して損害賠償請求や慰謝料請求をすることが可能です。また、保険会社に対して請求してい...

  • 相続人が行方不明の場合

    ■相続人が行方不明の場合に生じるトラブル相続手続きにおいては相続間で誰がどれだけどの財産を相続するのかを話し合いで決める...

  • 限定承認

    人が死亡した場合、相続が開始します(民法882条)。そして、相続人は、相続を単純承認すると、被相続人の財産に属していた一...

  • 遺産分割協議と協議書の作...

    複数の相続人が遺言書に基づかずに相続財産を分割する場合は、遺産分割協議を開く必要があります。 遺産分割協議自体...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

中村弁護士の写真

富雄で生まれ育ち、地域の役に立ちたいという思いから、この地で法律事務所を開業いたしました。
刑事事件・家事事件・民事事件・少年事件等のご相談や法律による解決を図りながら、地元の方々の安心した暮らしに貢献してまいります。

代表弁護士

中村 匡志(なかむら まさし)

所属団体
奈良弁護士会
経歴
  • 1992年 西奈良ルーテル保育園 卒園
  • 1998年 帝塚山小学校 卒業
  • 2001年 大阪星光学院中学校 卒業
  • 2004年 大阪星光学院高校 卒業
  • 2009年 京都大学法学部 卒業
  • 2011年 同志社大学大学院司法研究科 修了
  • 2013年 弁護士登録
  • 2016年 西奈良法律事務所開設
資格
  • 弁護士
  • ファイナンシャルプランナー

事務所概要

名称 西奈良法律事務所
所属 奈良弁護士会
代表者 中村 匡志(なかむら まさし)
所在地 〒631-0078 奈良県奈良市富雄元町2丁目3-29-1 上田ビル501号
電話番号/FAX番号 0742-53-8008 / 0742-53-8070
対応時間 8時~20時(事前予約で時間外も対応可能)
定休日 日・祝日(事前予約で休日も対応可能)

ページトップへ