自筆証書遺言 要件 / 西奈良法律事務所

西奈良法律事務所 > 相続に関するキーワード > 自筆証書遺言 要件

自筆証書遺言 要件

  • B型肝炎給付金制度

    この給付金は集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染したといった要件を満たしているかどうかを確認するための訴訟を行うことによって受け取ることが可能になっています。訴訟といっても何年も争うような一般的なイメージとは異なります。要件を満たすことができれば和解が行われ支給を受けることができるという仕組みになっているの...

  • 給付金の対象者

    いくつかの要件を満たしている場合給付金の対象者となります。 1.昭和23年7月1日から昭和63年1月27日まで感染の疑いがある集団予防接種が行われています。そのため7歳までにこの予防接種を受けた方は給付金の対象者になります。2.B型肝炎ウイルスは母子感染する恐れがあります。その為1の様な集団予防接種が原因でB型肝...

  • 給付金請求の流れ

    そのためカルテなどの資料を医療機関から収集し救済要件を満たしていることを立証できるように整理します。2.国に対して国家賠償請求訴訟を提起し裁判所での判断を仰ぎます。ここでは1で収集した資料などを用いて給付金対象としての要件を満たしているかを判断していくことになります。ここではさらに追加で資料を要求される場合もある...

  • 遺産相続を弁護士に依頼するメリット

    しかし、自筆証書遺言(自分で作成する遺言書)の場合、法律で定められている方式に沿って作成しなければ、遺言書は無効となってしまいます。法律で定められている方式には様々なものがありますが、弁護士に依頼することによって、遺言書のリーガルチェックを受けることができます。また、相続財産の分割方法について適切なアドバイスも受...

  • 遺言書の種類と作成方法

    遺言書の種類には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3つがありますが、一般的に用いられるのは、自筆証書遺言と公正証書遺言です。そのため、遺言書の作成方法はこの2つについて解説します。 ●自筆証書遺言自筆証書遺言とは、遺言者(遺言書を作成する人)が遺言書の全文や日付、氏名を全て自分で作成(自書)する遺言書の...

  • 相続法はどう変わったの?

    自筆証書遺言の方式緩和と法務局における保管制度の創設⑤遺留分制度の見直し⑥特別寄与制度の創設 ここでは、主要な改正点のうちでも特に重要な、①配偶者居住権の新設と③預貯金の払戻制度の創設を中心に取り上げます(なお、④と⑤については、「遺言書の種類と作成方法」、「遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)」で取り上げます)...

当事務所が提供する基礎知識

  • 死亡事故

    「夫(妻)が交通事故で亡くなってしまったが、どのような手続きをしなければならないか分からない。」「加害者が加入している保...

  • 給付金の対象者

    国の集団予防接種などによってB型肝炎ウイルスに感染した場合には救済措置である給付金を受け取ることが可能です。いくつかの要...

  • 無症候性キャリアとは

    B型肝炎ウイルスに感染した場合数か月程度で症状は発症してくることが一般的です。しかし母子感染や乳幼児期の感染の場合、B型...

  • B型肝炎ウイルスとは

    B型肝炎ウイルスは略称ではHBVとも呼ばれるB型肝炎を引き起こすウイルスです。B型肝炎ウイルスは主に体液や血液を介して感...

  • 後遺障害等級

    「後遺症が残ると医師に言われたため、後遺障害等級の認定手続きを申請したいが、その方法がよくわからない。」交通事故の被害に...

  • 慰謝料・損害賠償

    日本では、平均すると約1分に1件のスピードで交通事故が起きているといわれています。「交通事故の被害にあったが、いくらくら...

  • 遺産相続を弁護士に依頼す...

    遺産相続を弁護士に依頼するメリットには、次のものがあります。 ①相続トラブルが生じる前に対策を立てることができ...

  • 遺産分割協議と協議書の作...

    複数の相続人が遺言書に基づかずに相続財産を分割する場合は、遺産分割協議を開く必要があります。 遺産分割協議自体...

  • 過失割合

    「示談交渉で過失割合について相手方から提示されたが、納得いかない。過失割合の変更はできないのか。」「提示された過失割合が...

  • 交通事故の被害者請求の申...

    被害者請求とは、交通事故の被害者が自ら、加害者の加入している自賠責保険の保険会社に対して、後遺障害申請や保険金を請求する...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

中村弁護士の写真

富雄で生まれ育ち、地域の役に立ちたいという思いから、この地で法律事務所を開業いたしました。
刑事事件・家事事件・民事事件・少年事件等のご相談や法律による解決を図りながら、地元の方々の安心した暮らしに貢献してまいります。

代表弁護士

中村 匡志(なかむら まさし)

所属団体
奈良弁護士会
経歴
  • 1992年 西奈良ルーテル保育園 卒園
  • 1998年 帝塚山小学校 卒業
  • 2001年 大阪星光学院中学校 卒業
  • 2004年 大阪星光学院高校 卒業
  • 2009年 京都大学法学部 卒業
  • 2011年 同志社大学大学院司法研究科 修了
  • 2013年 弁護士登録
  • 2016年 西奈良法律事務所開設
資格
  • 弁護士
  • ファイナンシャルプランナー

事務所概要

名称 西奈良法律事務所
所属 奈良弁護士会
代表者 中村 匡志(なかむら まさし)
所在地 〒631-0078 奈良県奈良市富雄元町2丁目3-29-1 上田ビル501号
電話番号/FAX番号 0742-53-8008 / 0742-53-8070
対応時間 8時~20時(事前予約で時間外も対応可能)
定休日 日・祝日(事前予約で休日も対応可能)

ページトップへ