家族信託 手続き / 西奈良法律事務所

西奈良法律事務所 > 相続に関するキーワード > 家族信託 手続き

家族信託 手続き

  • 後遺障害等級

    「後遺症が残ると医師に言われたため、後遺障害等級の認定手続きを申請したいが、その方法がよくわからない。交通事故の被害に遭われた方々の中でも、重大な事故の被害に遭われた方に、このようなお悩みをお持ちの方が多くいらっしゃると思います。このページでは、交通事故に関わる問題のなかでも、後遺障害とその等級にスポットをあてて...

  • 死亡事故

    「夫(妻)が交通事故で亡くなってしまったが、どのような手続きをしなければならないか分からない。「加害者が加入している保険会社から、示談金額の提示があったが、適切な金額が判断できない。交通事故の中でも、ご家族やご親戚が亡くなられた方の苦しみは、計り知れないものがあります。そうしたなかで抱えるこうしたお悩みは、遺族の...

  • 人身事故

    「交通事故の被害に遭い、怪我をしてしまったが、どのような手続きで損害賠償請求をすすめていけばよいのか分からない。「加害者の加入している保険会社から、示談交渉についての連絡があったが、知識がないため損をしてしまいそうだ。いざ交通事故の被害に遭うと、こうしたお悩みを持たれる方は決して少なくありません。このページでは、...

  • 給付金請求の流れ

    B型肝炎の給付金を受け取るには国に対して訴訟の手続きを踏む必要があります。主な流れは以下の通りです。 1.国からの給付金を受け取るためには集団予防接種等によってB型肝炎ウイルスに感染したということを証明しなくてはなりません。そのためカルテなどの資料を医療機関から収集し救済要件を満たしていることを立証できるように整...

  • 追加給付金の請求

    しかし請求書やその他必要書類を社会保険診療報酬支払基金に提出するといった手続きが必要です。この手続きは弁護士の様な代理人が行うこともできるため詳しい専門家に任せるのが確実です。 西奈良法律事務所は奈良市、生駒市、大和郡山市、木津川市、精華町を中心に奈良県、大阪府、京都府といった関西の広い地域で皆様のB型肝炎に関す...

  • 遺産相続を弁護士に依頼するメリット

    ②複雑な相続手続きなどを代行してもらえる相続手続きには様々なものがあり、複雑な手続きを要するものや期限が決められているものもあります。弁護士に依頼することで、これらの相続手続きを代行してもらえ、時間をかけることなく適切に進めることができます。 ③親族間の話し合いのストレスを軽減できる相続において親族間トラブルが起...

  • 遺言書の種類と作成方法

    ④相続開始後に家庭裁判所の検認手続きが必要⑤全て自分で作成しなければならないため、負担が大きいがあります。もっとも、デメリットの②~⑤は、平成30年相続法改正によって改善されました。 平成30年相続法改正によって自筆証書遺言に次の2点の変更がありました。・法務局における自筆遺言証書の保管制度の新設これは、法務局で...

  • 相続財産の調査

    相続手続きを進めていく上で、相続財産の調査は不可欠です。 相続の対象となる財産には、土地や建物、預貯金、自動車等のプラスの財産だけではなく、借金やローン、保証債務などのマイナス財産も含まれます。 マイナス財産が多い場合は、相続放棄や限定承認などを検討することになりますが、マイナス財産がどれくらい多いのかは調べてみ...

  • 遺産分割協議と協議書の作成

    協議が上手くまとまらないときは家庭裁判所の調停手続きを利用する方法があります。調停手続きでは、家事審判官と調停委員が仲介者となって、相続人間の話し合いを進めます。調停手続きで合意が得られた場合は、協議書に代わる調停調書が作成されます。 調停手続きでも上手くいかない場合は、審判手続きに移行します。審判手続きでは、財...

  • 成年後見制度

    成年後見人を選任する手続きは二つあります。 一つ目は、保護の対象となる本人の配偶者や4親等以内の親族等の請求により家庭裁判所が選任する方法(法定後見制度)です。認知症などにより意思能力を失った後に採られる選任方法です。二つ目は、本人がいまだ意思能力のある状態で、将来に備えて信頼できる者を任意後見人として選任し、そ...

  • 限定承認

    限定承認がなされると、相続財産中の積極財産から相続債務や遺贈が弁済され、清算手続きの結果、残った積極財産があれば相続人に帰属します。したがって、積極財産で弁済しきれなかった相続債務が残っていたとしても、相続人は弁済の義務を負いません。限定承認は、相続人全員が共同して、家庭裁判所に財産目録を提出して申述し、家庭裁判...

当事務所が提供する基礎知識

  • 追加給付金の請求

    B型肝炎給付金は病態等によって支給金額が異なっています。例えば死亡や重度の肝硬変といった症状の場合には3600万円の支給...

  • 遺留分侵害額請求(遺留分...

    相続人には最低限相続できる割合が認められており、この割合を「遺留分」といいます。 例えば、「宗教法人Xに全財産...

  • 慰謝料・損害賠償

    日本では、平均すると約1分に1件のスピードで交通事故が起きているといわれています。「交通事故の被害にあったが、いくらくら...

  • 過失割合

    「示談交渉で過失割合について相手方から提示されたが、納得いかない。過失割合の変更はできないのか。」「提示された過失割合が...

  • 相続財産の調査

    相続手続きを進めていく上で、相続財産の調査は不可欠です。 相続の対象となる財産には、土地や建物、預貯金、自動車...

  • 無症候性キャリアとは

    B型肝炎ウイルスに感染した場合数か月程度で症状は発症してくることが一般的です。しかし母子感染や乳幼児期の感染の場合、B型...

  • 給付金請求の流れ

    B型肝炎の給付金を受け取るには国に対して訴訟の手続きを踏む必要があります。主な流れは以下の通りです。 1.証拠...

  • 遺産相続を弁護士に依頼す...

    遺産相続を弁護士に依頼するメリットには、次のものがあります。 ①相続トラブルが生じる前に対策を立てることができ...

  • 相続法はどう変わったの?

    2018年(平成30年)、超高齢社会という現代の社会経済に対応するため、相続法が大きく改正されました。 主要な...

  • 物損事故

    「スーパーマーケットの駐車場に車をとめていたら、何かにぶつけられたような跡ができていた。」「ハンドル操作を誤った車に、家...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

中村弁護士の写真

富雄で生まれ育ち、地域の役に立ちたいという思いから、この地で法律事務所を開業いたしました。
刑事事件・家事事件・民事事件・少年事件等のご相談や法律による解決を図りながら、地元の方々の安心した暮らしに貢献してまいります。

代表弁護士

中村 匡志(なかむら まさし)

所属団体
奈良弁護士会
経歴
  • 1992年 西奈良ルーテル保育園 卒園
  • 1998年 帝塚山小学校 卒業
  • 2001年 大阪星光学院中学校 卒業
  • 2004年 大阪星光学院高校 卒業
  • 2009年 京都大学法学部 卒業
  • 2011年 同志社大学大学院司法研究科 修了
  • 2013年 弁護士登録
  • 2016年 西奈良法律事務所開設
資格
  • 弁護士
  • ファイナンシャルプランナー

事務所概要

名称 西奈良法律事務所
所属 奈良弁護士会
代表者 中村 匡志(なかむら まさし)
所在地 〒631-0078 奈良県奈良市富雄元町2丁目3-29-1 上田ビル501号
電話番号/FAX番号 0742-53-8008 / 0742-53-8070
対応時間 8時~20時(事前予約で時間外も対応可能)
定休日 日・祝日(事前予約で休日も対応可能)

ページトップへ