単純承認 とは / 西奈良法律事務所

西奈良法律事務所 > 相続に関するキーワード > 単純承認 とは

単純承認 とは

  • 慰謝料・損害賠償

    ■慰謝料とは「交通事故の被害に遭ったあと、慰謝料という言葉をよく目にするけれども、一体なにをさすのかよくわからない。日常生活で、慰謝料を支払ってもらったり、支払ったりということを経験される方はほとんどいらっしゃらないかと思いますそのため、慰謝料という言葉を目にしたことがあっても、その詳しい意味をご存じの方が少ない...

  • 示談交渉

    ■示談交渉とは交通事故における示談交渉とは、その事故の加害者と被害者が、裁判所など第三者に解決をゆだねるのではなく、当事者同士で話し合い、合意することによって損害賠償問題について解決を図る方法をさします。損害賠償の金額は、損害のあった項目がいくつあるのかといったことや、それぞれの項目についての損害額の算定方法など...

  • 後遺障害等級

    ■後遺障害とは後遺障害とは、交通事故を原因とした怪我の後遺症の中でも、自賠法施行令に定められた一定の条件を満たした障害をさします。一般的に後遺症は、その怪我について、今後どれだけ治療を継続的に施したとしても、それ以上の回復の見込みがないと判断されることで、後遺症という扱いになります。しかしながら、後遺障害としては...

  • 過失割合

    ■過失割合とは交通事故は、加害者と被害者を明確に分けることができないケースや、被害者側にも一定の過失があったのではないかと疑われるケースが、しばしばあります。こうしたケースにおいて用いられる考え方が、過失割合です。過失割合とは、文字通り、被害者と加害者の過失の度合いを割合で示したものです。例えば、被害者に一切の過...

  • 死亡事故

    死亡事故とは、交通事故のなかでも、被害者が亡くなられてしまった事故をさします。高速道路上での事故や、バイク事故、軽自動車の事故などは、死亡事故となりやすい傾向があります。自動運転車による死亡事故も発生しています。交通事故の加害者は、刑事上の責任、行政上の責任、民事上の責任、という3つの責任が問われることになります...

  • 物損事故

    物損事故とは、怪我をする人がいなかった交通事故のことをさします。冒頭に挙げたような交通事故のほかにも、電柱やガードレールに自動車が衝突したような事故や、乗車している人に怪我がない程度の軽微な接触事故などは、物損事故として処理されることがあります。 ■物損事故の特徴物損事故は、その特徴として、自賠法が適用されないと...

  • 人身事故

    ■人身事故とは人身事故とは、交通事故のなかでも、人が怪我をしてしまった事故をさします。怪我の程度は問わず、かすり傷を負った事故から、後遺症が残ってしまうような事故まで、広く人身事故に含まれます。交通事故と聞いて、一般的に多くの人がイメージするのが、この人身事故ではないでしょうか。人身事故では、自賠法が適用されます...

  • B型肝炎給付金制度

    訴訟といっても何年も争うような一般的なイメージとは異なります。要件を満たすことができれば和解が行われ支給を受けることができるという仕組みになっているのです。 また、給付金を受け取ことができるのは集団予防接種を受けた一次感染者のみではありません。B型肝炎ウイルスは母子感染なども考えられます。そのため集団予防接種によ...

  • 遺言書の種類と作成方法

    自筆証書遺言とは、遺言者(遺言書を作成する人)が遺言書の全文や日付、氏名を全て自分で作成(自書)する遺言書のことをいいます。 自筆証書遺言のメリットは、・作成したことを話さない限り、誰にも知られることなく作成することができる・作成費用がほとんどかからない、手軽に作成することができるであり、遺言書を作成する方の8~...

  • 相続人調査

    「戸籍謄本類」とは、戸籍謄本や除籍謄本、改製原戸籍謄本のことです。 まず被相続人の本籍地で戸籍謄本を請求することからはじめ、そこに記載された情報を下に、一つ前の戸籍謄本を入手します。本籍地の市区町村が変わっていれば請求先も変わるため、本籍地が複数回変わっている方であれば、上記のような地道な作業を繰り返すことになり...

  • 相続放棄

    相続放棄とは、プラスの財産もマイナスの財産も何も引き継がないという意思表示です。相続放棄を行えば、被相続人の借金の返済義務等を負わずに済みます。 相続放棄は、相続開始または相続人になったことを知った日から3ヵ月以内に行わなければなりません。この3ヵ月の期間を「熟慮期間」といい、この期間内に相続放棄等を行わなければ...

  • 遺産分割協議と協議書の作成

    他方、協議が成立すれば、その後一方的に協議を取り消したり、変更したりすることはできません。このため、協議はスピーディに行いつつ、全員の納得のいくようにじっくり話し合う必要があります。 協議が成立したら、合意内容を遺産分割協議書にまとめます。記載方法は決められていませんが、前述した相続税の申告のほかに、相続登記、銀...

  • 相続法はどう変わったの?

    このような者は被相続人の親族にあたりますが、相続権を有していないため、被相続人が遺言により遺贈をしない限り、相続財産を取得することはできません。そこで、実質的公平を図って特別寄与者を保護するため、特別寄与者は相続人に対して一定の金銭を請求することができます。この制度は、2019年(令和元年)7月1日に施行されます...

  • 成年後見制度

    成年後見制度とは、意思能力の不十分な者を保護する制度の一つです。特に「精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く状況にある者」(民法7条)を保護します。成年後見人を選任する手続きは二つあります。 一つ目は、保護の対象となる本人の配偶者や4親等以内の親族等の請求により家庭裁判所が選任する方法(法定後見制度)です。

  • 限定承認

    そして、相続人は、相続を単純承認すると、被相続人の財産に属していた一切の権利義務を承継することになります。その結果、相続財産中、消極財産が積極財産より多い、すなわち債務超過である場合には、相続人は自己の財産をもって相続債権者に弁済しなければなりません。これでは相続人にとっては損となります。一方で、相続放棄(民法9...

  • 休業損害・休業補償

    ■休業損害とは休業損害とは、交通事故の被害の一つで、得られてはずの収入のことをさします。交通事故における損害賠償は、精神的損害と財産的損害の二つにまず大別されます。精神的損害についての損害賠償は慰謝料のことをさします。財産的損害についての損害賠償は、さらに積極損害と消極損害に分けられます。積極損害とは、交通事故の...

当事務所が提供する基礎知識

  • 相続人調査

    相続財産調査と並行して、相続人の調査も行いましょう。 遺産分割協議では、相続放棄をした者等を除き相続する権利を...

  • 相続財産の調査

    相続手続きを進めていく上で、相続財産の調査は不可欠です。 相続の対象となる財産には、土地や建物、預貯金、自動車...

  • 追加給付金の請求

    B型肝炎給付金は病態等によって支給金額が異なっています。例えば死亡や重度の肝硬変といった症状の場合には3600万円の支給...

  • 示談交渉

    「任意保険の担当者に示談交渉を任せているが、本当に最適な条件なのかどうか分からない。」「示談交渉であまり満足できない示談...

  • 過失割合

    「示談交渉で過失割合について相手方から提示されたが、納得いかない。過失割合の変更はできないのか。」「提示された過失割合が...

  • 交通事故の被害者請求の申...

    被害者請求とは、交通事故の被害者が自ら、加害者の加入している自賠責保険の保険会社に対して、後遺障害申請や保険金を請求する...

  • 人身事故

    日本では現在、約1分に1件のスピードで交通事故が発生しているといわれています。交通事故は、非常に身近な危険なのです。「交...

  • 休業損害・休業補償

    「交通事故の被害を受け、入院を余儀なくされてしまった。仕事に行くことができないが、その分の損害はどのように補填されるのだ...

  • B型肝炎ウイルスとは

    B型肝炎ウイルスは略称ではHBVとも呼ばれるB型肝炎を引き起こすウイルスです。B型肝炎ウイルスは主に体液や血液を介して感...

  • 死亡事故

    「夫(妻)が交通事故で亡くなってしまったが、どのような手続きをしなければならないか分からない。」「加害者が加入している保...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

中村弁護士の写真

富雄で生まれ育ち、地域の役に立ちたいという思いから、この地で法律事務所を開業いたしました。
刑事事件・家事事件・民事事件・少年事件等のご相談や法律による解決を図りながら、地元の方々の安心した暮らしに貢献してまいります。

代表弁護士

中村 匡志(なかむら まさし)

所属団体
奈良弁護士会
経歴
  • 1992年 西奈良ルーテル保育園 卒園
  • 1998年 帝塚山小学校 卒業
  • 2001年 大阪星光学院中学校 卒業
  • 2004年 大阪星光学院高校 卒業
  • 2009年 京都大学法学部 卒業
  • 2011年 同志社大学大学院司法研究科 修了
  • 2013年 弁護士登録
  • 2016年 西奈良法律事務所開設
資格
  • 弁護士
  • ファイナンシャルプランナー

事務所概要

名称 西奈良法律事務所
所属 奈良弁護士会
代表者 中村 匡志(なかむら まさし)
所在地 〒631-0078 奈良県奈良市富雄元町2丁目3-29-1 上田ビル501号
電話番号/FAX番号 0742-53-8008 / 0742-53-8070
対応時間 8時~20時(事前予約で時間外も対応可能)
定休日 日・祝日(事前予約で休日も対応可能)

ページトップへ