追突事故 慰謝料 / 西奈良法律事務所

西奈良法律事務所 > 交通事故に関するキーワード > 追突事故 慰謝料

追突事故 慰謝料

  • 慰謝料・損害賠償

    このページでは、交通事故に関わる問題のなかでも、慰謝料や損害賠償の請求にスポットをあてて、くわしくご説明してまいります。 ■慰謝料とは「交通事故の被害に遭ったあと、慰謝料という言葉をよく目にするけれども、一体なにをさすのかよくわからない。日常生活で、慰謝料を支払ってもらったり、支払ったりということを経験される方は...

  • 過失割合

    例えば、被害者に一切の過失がない追突事故のようなケースでは、過失割合は被害者と加害者で0対10ということになりますが、片側一車線の狭い道路上でおきた事故などでは、事故当時の状況などを総合的に判断して、被害者と加害者の過失割合が4対6などになるということもあります。このように、過失の度合いを割合で示すことで、損害賠...

  • 死亡事故

    2点目は、死亡慰謝料の取扱いです。通常の人身事故の場合には、被害者本人の慰謝料しか認められていませんが、死亡事故の場合には、亡くなられた被害者本人の慰謝料と、残されたご遺族の慰謝料を合わせて請求することが認められているのです。死亡事故の損害賠償請求は、項目が多岐にわたり、かつ金額も高額となるケースがほとんどです。...

  • 人身事故

    1つ目は、精神的な損害についての損害賠償で、一般的に慰謝料と呼ばれるものがこれにあたります。2つ目は、財産的な損害についての損害賠償で、さまざまな損害について請求することが可能です。人身事故における損害賠償として請求できるものには、事故によって破損した自動車の修理代や、怪我の治療費や通院費、入院費などのほか、付添...

  • 休業損害・休業補償

    精神的損害についての損害賠償は慰謝料のことをさします。財産的損害についての損害賠償は、さらに積極損害と消極損害に分けられます。積極損害とは、交通事故の被害を受けたことで支出せざるをえなくなったお金についての損害をさしています。消極損害とは、交通事故の被害を受けなければ得られていたであろう利益のことをさします。休業...

  • 人身事故の慰謝料相場とは

    慰謝料とは、精神的苦痛に対する賠償金です。人身事故の場合、怪我をしたり死亡したりすると、被害者は精神的苦痛を受けます。その精神的苦痛について、賠償金を請求するのが、慰謝料請求です。 交通事故で慰謝料が発生するのは、人身事故の場合に限られます。物損被害しか発生しなかった場合には損害賠償金が発生するほどの精神的苦痛が...

当事務所が提供する基礎知識

  • 給付金の対象者

    国の集団予防接種などによってB型肝炎ウイルスに感染した場合には救済措置である給付金を受け取ることが可能です。いくつかの要...

  • 相続法はどう変わったの?

    2018年(平成30年)、超高齢社会という現代の社会経済に対応するため、相続法が大きく改正されました。 主要な...

  • 遺産分割協議と協議書の作...

    複数の相続人が遺言書に基づかずに相続財産を分割する場合は、遺産分割協議を開く必要があります。 遺産分割協議自体...

  • 遺言書の種類と作成方法

    ここでは、遺言書の種類と作成方法について解説していきます。 遺言書の種類には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密...

  • 限定承認

    人が死亡した場合、相続が開始します(民法882条)。そして、相続人は、相続を単純承認すると、被相続人の財産に属していた一...

  • B型肝炎給付金制度

    B型肝炎は通常体液や血液を介してB型肝炎ウイルスに感染することで発症する病気です。しかし日本では昭和23年から昭和63年...

  • 休業損害・休業補償

    「交通事故の被害を受け、入院を余儀なくされてしまった。仕事に行くことができないが、その分の損害はどのように補填されるのだ...

  • 無症候性キャリアとは

    B型肝炎ウイルスに感染した場合数か月程度で症状は発症してくることが一般的です。しかし母子感染や乳幼児期の感染の場合、B型...

  • 死亡事故

    「夫(妻)が交通事故で亡くなってしまったが、どのような手続きをしなければならないか分からない。」「加害者が加入している保...

  • 大阪府の交通事故に強い弁...

    交通事故の被害に遭った時、加害者の保険会社から支払われる保険金で示談をしてしまう前に、交通事故に強い弁護士に相談するメリ...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

中村弁護士の写真

富雄で生まれ育ち、地域の役に立ちたいという思いから、この地で法律事務所を開業いたしました。
刑事事件・家事事件・民事事件・少年事件等のご相談や法律による解決を図りながら、地元の方々の安心した暮らしに貢献してまいります。

代表弁護士

中村 匡志(なかむら まさし)

所属団体
奈良弁護士会
経歴
  • 1992年 西奈良ルーテル保育園 卒園
  • 1998年 帝塚山小学校 卒業
  • 2001年 大阪星光学院中学校 卒業
  • 2004年 大阪星光学院高校 卒業
  • 2009年 京都大学法学部 卒業
  • 2011年 同志社大学大学院司法研究科 修了
  • 2013年 弁護士登録
  • 2016年 西奈良法律事務所開設
資格
  • 弁護士
  • ファイナンシャルプランナー

事務所概要

名称 西奈良法律事務所
所属 奈良弁護士会
代表者 中村 匡志(なかむら まさし)
所在地 〒631-0078 奈良県奈良市富雄元町2丁目3-29-1 上田ビル501号
電話番号/FAX番号 0742-53-8008 / 0742-53-8070
対応時間 8時~20時(事前予約で時間外も対応可能)
定休日 日・祝日(事前予約で休日も対応可能)

ページトップへ